【202202最新香川県三豊市】サンリゾート仁尾(RVパーク)のサイトと設備を徹底解説!

香川県キャンプ場
サンリゾート仁尾(サンRVパーク・サンキャンプ)のサイトと設備を音声付きで徹底解説!(香川県三豊市仁尾町)サンカフェで本格ナポリピッツァを楽しもう!

サンリゾート仁尾は香川県三豊市にあり、4つのサービスが楽しめる施設。
テントが設営できるサイトは2区画だけあり、RVサイトが7区画ある。

【サンリゾート仁尾のサービス一覧】

・サン・RVパーク(テント設営サイト有)
・サン・カフェ
・サン・バーベキュー
・テニススクール


サンリゾート仁尾の中にこれだけのサービスがある。

サンリゾート仁尾で一泊する方のほとんどは、併設されている「サンカフェ」で本格ナポリピッツァも楽しむ。

カフェ内で楽しむも良し、テイクアウトしてサイトで楽しむも良し。

日本夕陽百景に選ばれた仁尾町の夕日を眺めながら、サンカフェの本格ナポリピッツァをサイト内で楽しむ。
贅沢過ぎますね!

ちなみに、サンリゾート仁尾から車で30秒程奥に進んだ先には「FreeCloud」という1日1組限定のキャンプ場があり、シーカヤックやSUPも楽しめる。

FreeCloudの目の前に広がるキレイな海はもちろん無料で利用できるため夏は海遊びも楽しめる。

この記事ではRVパークを中心に、一部BBQレストランとサンカフェも紹介していきます。

道のり

①県道234号線を観音寺方面から北に向かって走ると左側に赤い屋根の休憩所らしき場所が見えてきます。

②休憩所らしき場所を通過して30秒程走ると、少しわかりにくいですが、左側に「サンカフェ」の誘導看板が見えてきます。
看板を越えた先すぐをUターンするように左折しましょう。

③左折後すぐ目の前にサンリゾート仁尾(RVパーク)の看板と入口があります。

そのまま中に入りましょう。

※2022年2月に入口看板のデザインが変更されています。

④入ってそのまま走り、左側の砂利の駐車場に駐車してサンカフェで受付を済ませましょう。

サンカフェのキレイなテラスの左側に大きな入口があります。
ここから中に入り、奥のカウンターで受付を行います。

サンカフェの入口

駐車場

駐車場は砂利のエリアで計40台分あります。
近くのFreeCloudのツアー参加者もこの駐車場を利用しています。

画像手前に駐車場の区画を表す紐が見えます。

近くに行かないとわかりませんが、区画の中に駐車しましょう。

簡単に手書きで駐車場マップを紹介しておきます。

計40台分の駐車場

駐車配置については、実際と異なる場合があります。

PVパークサイト(芝生エリア)

RVパークの芝生エリアを紹介します。

上の画像はサンリゾート入ってすぐの位置から撮影しています。

※2022年2月にサイト手前の誘導看板のデザインが変更されています。

RVパークサイトマップ

この芝生のエリアがRVパークで、かなり広いのですが、4区画だけです。

このエリアを6当分して、サンカフェ側の4当分がサイトで、4区画なんだ

かなり広いのがわかるね

手前の2区画分は広場として利用できるんだ

キャンピングカーはサイトに横付けできるよ

詳しくは下のマップを見てね!

RVパークサイト詳細

RVパーク(芝生エリア)には利用のルールがあります。

【RVパーク(芝生エリア)の利用ルール】
・広さだけ見ると車の乗入れができそうですが、芝生なので乗り入れはできません。各サイトの隣りのコンクリート部分に車を横付けします。

・芝生ということもあり、サイト内の調理はNGです。調理をする場合はコンクリートの上で行いましょう。

・芝生でBBQを楽しむ場合はコンロの下にシートを敷きましょう。コンクリートの上であればシートは不要です。

・木の根元には電源があります。4つの区画で40Aを共有します。

・テントサイトではないがRVパーク利用者はテントを設営してもかまいません。もちろんタープもOKです。

特別ルールもあります。
RVパーク(芝生エリア)はキャンプサイトではないため、一般的なテント設営でのキャンプはできません。

しかし、キャンプサイトとして一般的なキャンプを楽しめる時間帯があるんです。

サンカフェが閉店してから開店するまでの時間帯であれば、テントを設営してキャンプを楽しむ事ができるんだ!

サンカフェの営業時間が11時~19時だからキャンプは19時~11時までだね。
カフェが閉店する少し前に現地に着いて受付を済ませておこう!

特にサイト番号は振られていません。

サイトに設備されている計4カ所の電源のうち、2カ所です。

電源
広場

RVパーク(砂利エリア)

RVパーク砂利エリア

RVパークの砂利エリアを紹介します。
このサイトは土の上に砂利が敷かれているだけなのでペグダウンは問題ありません。

RVパークとなっていますがテントを設営すキャンプを楽しむ事もできます。

焚火が直火で楽しめるサイトですのでオススメのサイトです。

RVパーク砂利エリアマップ

RVパーク(砂利エリア)では、下の画像のように海の反対側からサイト番号が振られています。

砂利の部分が駐車場で、芝生にテントやタープなどを設営します。

RVパーク砂利エリアサイト番号

この3つのサイトでは焚火が直火で楽しめます!
設備されている直火専用の場所で焚火を楽しみましょう♪

直火OKのキャンプ場は珍しいですね。

BBQを楽しむ場合、芝生の上ではBBQコンロの下に焚火シートを敷く必要があります。

砂利部分では焚火シートは不要です。

直火

各サイトには駐車場の奥側に20Aまで対応可能な電源が設備されています。

サイト2には見た目で大きめの電源が設置されていますが、容量は同じです。

サイト入口に照明がオシャレに設置されています。

サイト1

サイト1

画像向って左側(柵側)のちょっとした芝生部分も活用できます。

サイト1は駐車場奥の小さい方の電源を利用します。

サイト2

サイト2

サイト2は真中のサイトです。

電源は柱に設置されている大きいBOXを利用します。

サイト3

サイト3

サイト3は芝生の形が三角形になっています。

面積としては一番広いサイトです。

プライベート空間を満喫するならサイト3が良さそうですね。

キャンプサイト

キャンプサイト

上で紹介したサイト以外で、テントを設営してキャンプを楽しめる芝生のサイトが2区画あります。

こちらもRVパークサイト(芝生エリア)同様に車の横付けができます。

キャンプサイトマップ

キャンプサイト(サンカフェ側)

サンカフェ側のサイトです。

この区画にも焚火が楽しめる場所が設備されています。

焚火は画像コンクリートの円になっている場所で楽しめます。

焚火シートを設置すれば、芝生エリアでもOKです。
テントを設営することを考えると、円の中で焚火を楽しむことになりそうです。

キャンプサイト 焚火

BBQも焚火のルールと同様です。

芝生で楽しむ場合は焚火シートを用意しましょう。

基本は円の中が良いですね。

ちなみに、画像右側のコンクリートの上なら焚火シート不要でBBQを楽しめます。

テントは黄色枠あたりで設営しましょう。

特に区画割りされていません。

大体この辺りという感覚でOKです。
広さを見る限り、ファミリー用の大型2ルームテントは厳しいように思います。

2ルームテントを設営する場合は、次に紹介するサイトをおススメします。

キャンプサイト(カフェ側)

キャンプサイト(駐車場側)

駐車場側のサイトです。

キャンプサイト(駐車場側)

カフェ側のサイトより広く、2ルームテントが設営できます。
テントの横でシートを敷いて焚火が楽しめます。

子供用のレジャーシートを敷いて遊ぶのにも最適です。

キャンプサイト(イスとテーブル)

カフェ側のサイトの隣りにはイスとテーブルが設置されています。
こちらは誰でも利用できますが、カフェ側のサイトは画像左側のイスとテーブルのセットも上手く利用したいところです。

キャンプサイト(イスとテーブル)

アウトドアキッチン(水場)

水場

RVパーク砂利側の奥にはアウトドアキッチンが設備されています。

グリルが2器、両サイドには水道があります。

水道は冷水のみです。

水道蛇口

照明が設置されており、センサー式で暗い時間帯は常時点灯しています。

BBQコンロを洗う場合はホースが付いている右側が利用しやすいですね。

設置されているバケツは焚火を楽しむ時に利用します。

バケツに水を入れてサイト内に持っていきましょう。

ゴミは500円で処分していただけます。

薪は1キャリー500円で販売しています。

薪と水場の間にある青いキャリーに、入るだけ詰め込みましょう。

お手洗い

お手洗い

お手洗いは計2カ所あるのですが、RVパークやキャンプサイト利用者はサンカフェ奥のお手洗いを利用します。

サンカフェの建物のどちらからでも向かえますし、サンカフェの中からも向かえます。

男性お手洗い

ウォシュレット付で便座は温かく、冬には嬉しいです。

男性お手洗い

女性お手洗い

男性側同様にウォシュレット付で便座は温かいです。

男性が歯磨きをする場合には利用できます。

女性手洗い

女性側にはオムツ交換台が設置されています。

小さい子供と楽しむ前提の施設であることがわかります。

男性がオムツを交換する場合も利用できます。

オムツ交換台

バスルーム(貸切風呂)

バスルームマップ

バスルームという超お洒落なお風呂があり、サン・バーベキューの建物と隣接しています。

扉を開けて中に入ると洗面台とドライヤーがあります。

洗面台

洗面台の前に靴を脱いで中に入ると脱衣所があります。

脱衣所は浴槽から階段を降りた位置になります。

脱衣所
浴槽
シャワーとカラン

湯船につかりながら海を眺めることができます。

景色

サン・バーベキュー

サン・バーベキュー

RVパークやキャンプサイトとは別のサービスで宿泊はできませんが、最大4名までの貸し切りデイBBQもできます。

ドリンクは持ち込みOKですので大変リーズナブルに利用できます。

その他は料金に含まれます。

【料金に含まれる食べ物】

・肉

・野菜

・タレ

・ピッツァ(26cm)

利用日から3日前までに予約が必要です。

バーベキューハウス内には様々な設備があり、自由に利用することができます。

【設備】

・エアコン

・キッチン

・冷蔵庫

・BBQコンロや炭、トング、お皿

・ハンモック

エアコンやスポットクーラーがあり夏でも快適です♪

天候に左右されず利用できるのは嬉しいですね。

天気が良い日には外に出て海を眺めながらお酒を楽しめます。

BBQを楽しんだ後の億劫になりがちな炭の片付けや網を洗う必要がないのも嬉しいポイントです。

気軽に利用できますね。

設備を画像で紹介していきます。

テーブルとハンモック
テーブルとハンモック
コーヒーと食器
キッチン
グリルとスポットクーラー
バーベキューハウス外

お手洗いはバーベキューハウスを出てすぐ右側にあります。

お手洗い
パンフレット表
パンフレット裏

サン・カフェ

サン・カフェ

サンリゾート仁尾の最大の売りでもあるサンカフェ。

本格ナポリピッツァが楽しめる。
もちろんサイトに持ち帰ることもできる。

サンカフェカウンター
客席

一部メニューをご覧ください。

メニュー1
メニュー2
メニュー3

テニススクール

テニスコート

テニススクールも行っているようです。

休憩スペースには漫画が沢山あります。

まとめ

サンリゾート仁尾の中にサン・RVパークやサン・カフェなどの施設がある。

RVパークは全7区画、キャンプサイトは全2区画とサイト数は計9サイトと少なめ。

RVパークは県内では数えるほどしかなく珍しい。

キャンピングカー所有者には嬉しいキャンプ場です。

キャンプを楽しみながらサンカフェで本格ナポリピッツァとデザートでパフェを楽しみ、夕方には日本夕陽百景に選ばれた仁尾の夕陽を堪能。

夜にはキレイなお風呂で汗を流し、夜は直火で焚火を楽しむ。

こんな素敵なキャンプはいかがですか。

香川県のキャンプ場をもっと見たい方は香川県のキャンプ場まとめ記事からご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました