【2022年1月1日最新香川県さぬき市】2021年12月11日にリニューアルオープンしたカメリア温泉キャンプ場のサイトと設備を徹底解説!(ソロキャンプ用多目的サイト有)

香川県キャンプ場
カメリア温泉キャンプ場のサイトと設備を音声付きで徹底解説!(四国香川県)

香川県さぬき市のとてもキレイでオシャレな女性にオススメしたいハイブリッドキャンプ場。
女性のソロキャンプはカメリア温泉キャンプ場で決まりです!

27年前、カメリア温泉キャンプ場はキャンプ場ではなくカフェを営業していた。
2021年4月にキャンプ場としてオープンし、その後2021年12月11日にリニューアルオープンを迎えました。
リニューアルですのでキレイで当然なのですが、とにかくオシャレ!
キャンプ場入口から写真撮影しても、サイト内から撮影しても、ログハウスの中で撮影してもインスタ映えすること間違いなし。
インスタ映えする撮影場所をあらかじめキャンプ場側で把握しておいて、お客さんに提案すると拡散するだろうなと勝手も思ったくらい。

リニューアルオープンした新しいキャンプ場ですので、できるだけ細かく解説していきます。
見終わったあとには、あなたも利用してみたくなるはずです。
ぜひ最後までご覧ください。

予約方法

サイト数が4サイトと限られており、現段階ではホームページの「問い合わせ」から日程などを入力して予約するシステム。
チェックインやチェックアウトの時間が他の予約者と被っている可能性もあるため、必ずメール返信が届きます。
漏れなく予約が完了したかをメールでチェックしてください。
サイト数の空き状況をホームページで確認してから予約するようにしよう。

HPはカメリア温泉キャンプ場として独立しているわけではなく、カメリア温泉のホームページのコンテンツから入ります。

・カメリア温泉キャンプ場URL

https://spa-camellia-camp.com/

・カメリア温泉URL

https://spa-kameria.com/onsen/

ホームページのシステムが構築されれば、「問い合わせ」からではなく直接予約できるようになります。

料金

カメリア温泉キャンプ場は1時間単位での料金です。
キャンプ場の料金表をみるとほとんどが12時から翌10時までなど時間が決っていますよね。
カメリア温泉キャンプ場は違うんです。
料金表は簡単に記載します。
詳細はホームページでご覧ください。

【1人利用での料金】

・サイト利用料
8時~22時⇒1時間平日440円/土日祝550円
22時~8時⇒1時間110円

・施設利用料
1,100円

1時間単位で指定できるのは嬉しいですね。
10時からや12時からなど個人で指定できるんです。

【料金の例】

・土曜日10時~翌9時までの利用の場合

サイト利用料
10時~22時⇒5,500円
22時~8時⇒1,100円
8時~9時⇒550円

施設利用料
1,100円

合計8,250円

※貸し切りの場合は全体の2割引き

道のり

①県道10号線を高松市から徳島県方面に向かって走っていると右側に「ザ・ビッグ」の看板が見えます。
この信号を右折しましょう。
右折後3.5kmでカメリア温泉キャンプ場に到着します。

②そのまままっすぐ走ると左側に「カメリア温泉700m」の看板が見えます。
カメリア温泉キャンプ場はカメリア温泉の手前にあります。

③まっすぐ進むと正面に赤い橋のような「門入ブリッジ」が見えてきます。
この手前を左に曲がるとカメリア温泉キャンプ場です。
入口は少しわかりにくいので赤い橋が見えたらゆっくり走りましょう。

入口からキャンプ場内を撮影

画像正面のログハウス内にある受付表を記入して受付を済ませましょう。

受付用紙

ログハウスの上に見える建物がカメリア温泉です。
カメリア温泉キャンプ場の入口の奥の入口を登っていくとカメリア温泉に到着します。

キャンプ初日に温泉に入ることが多いと思います。
ほとんどのキャンプ場は温泉まで車で移動することになるため、温泉から帰ってからでなければアルコールが飲めません。
テントを設営しながらアルコールが飲めないのはきつい!
特に夏は地獄です。

しかし、カメリア温泉キャンプ場は隣りに温泉があるため、キャンプ場に到着した瞬間からアルコールを堪能することができます。
キャンプ場の徒歩圏内に温泉があるのはアルコール好きにはたまりませんね!
キャンプ場を選ぶときには欠かせないGoodポイントです。

手書きキャンプ場マップ

キャンプ場マップはないよりあった方が分かりやすいと思ったので手書きで書いてみましたが2022年3月現在では可愛いキャンプ場マップが掲載されていました。
サイズ感がおかしい所はご了承ください(笑)
※2022年1月中旬にはホームページにマップが掲載されています。

せっかくなので一応掲載残しておきます・・・

これが無いとこの後の話が合わなくなるので悪しからず・・・

キャンプ場マップ

サイト番号は私が勝手に決めただけです。
+αのサイトは2021年1月に「多目的サイト」としてリニューアルしています。
指定での予約を希望する場合の参考程度にご覧ください。
区画線はありませんので範囲については現地で当日確認するようにしましょう。

駐車場

入口すぐが駐車場です。
初めて利用して「ここに駐車するんだな」とわかる人はいないので解説しておきます。

駐車場マップ

黄色の枠が駐車場です。
サイズ感がおかしいかもしれないため現地で確認しましょう。
当日現地で教えてくれます。
受付で駐車する時はこの枠のあたりに駐車して問題ありません。

駐車場場所

キャンプ場がこじんまりしていることもあり、駐車場からの距離がかなり近いです。
サイトの場所によってはオートキャンプ場とも言えるでしょう。

①と④のサイトは車がほぼ真横にくることになります。

サイト全4カ所+α

サイトは計4サイトあり、全て2ルームテントが余裕で設営できる広さです。
どのサイトでも広さに余裕を持ってゆったり楽しめます。
4サイト以外にもログハウスの奥にサイトらしき場所があります。

電源&フットライト

全サイトには電源と、半径2m程照らすことができるフットライトが設備されています。

電源&照明場所
電源&照明

電源タワーの一番上のボックスを開けると家で使われているような電気スイッチが2つあります。

・上側・・・フットライトをONにするスイッチ
・下側・・・電源をONにするスイッチ

スイッチにはカバーがあり、カバーには鍵が掛けられています。
いたずら防止です。
しっかりと管理されていることがわかりますね。

芝生

下は芝生ですが芝生の上に芝生保護用の砂がまかれているサイトです。
テントに付属されているペグでも簡単にペグダウンできます。

ペグダウン

ペグを抜くときは芝生が一緒に着いてくることがあります。
芝生が浮いてしまった場合はそっと叩いて元に戻しておきましょう。

芝生

①サイト

①サイトは入口すぐ右側のサイトです。
駐車場は入口側で、テント設営場所の真横になります。
このサイトはオートキャンプ場とも言えそうです。

ただ、利用者が多い場合は人の出入りが気になるかもしれません。

①サイト

②サイト

②サイトも車はほぼ目の前にある位置です。
①サイトとは違い、奥に位置するため人の出入りは気にならない位置です。

②サイト

③サイト

③サイトはログハウスの隣りにあるため炊事場から近い位置になります。
炊事場を頻繁に利用する方にはオススメです。
他の利用者が炊事場を利用する頻度が多いと気になるかもしれません。
これはテントの向きでカバーできそうです。

④サイト

④サイトはログハウスから一番近いサイト。
キャンプ場を分断するように小さい川のような水が流れているのですが、その川の向こう側に位置しており、プライベート感があるサイトです。
ただ、ログハウス利用者はサイトの前を通ることになります。

2ルームテントなど大型テントを設営する場合は画像奥から手前に向って設営すると、ロープが川ギリギリにくるため向きは考えて設営しましょう。

手前から奥に向かって設営すると手前が広くなります。
ログハウス入口が近くなります。

①~③のサイトを利用して方がログハウスに向かう場合は矢印のような導線になります。

奥から手前に向って設営すると木の奥に回ってログハウスに向うことになります。
①~③のサイトを利用する方がログハウスに向かう場合は矢印のような導線になります。

2ルームテントを設営して更に前で焚火となると導線以外のエリアを全て利用することになります。

焚火の場所
【ソロキャンプ】カメリア温泉キャンプ場を利用しながら紹介!自宅の暖房器具で0℃の冬キャンプにチャレンジした結果(寒さ対策装備・四国香川県)

+αサイト

カメリア温泉キャンプ場のサイトと設備を音声付きで徹底解説!多目的サイトが新設された!(四国香川県)

2022年1月初旬頃では+αサイトはシステム上では予約することができませんでした。
サイトとして開放していない場所でしたが現在はサイトには流し台が設置されてソロキャンプ用として開放しています。

+α(多目的)サイト

予約の注意点をまとめました。

【多目的サイト】
・ソロキャンプ専用サイト
・ソログルOK(複数での利用OKでテントは1人1張)
・利用時間は24時間
・平日3,300円
・土日祝日4,400円※土日祝日を絡めた利用の場合
・300kgまで乗るキャリー無料貸し出し有

オーナーさんに話を伺った時は「将来的には水道を外に出してさらに利用しやすいサイトにしたい」とおっしゃっていました。
すぐに実行に移すスピード感が素晴らしいですね♪

ログハウス

ログハウス

ログハウスはキャンプ場利用者なら誰でも利用することができます。
利用は24時間いつでもOKです。
各サイト専用のイスとテーブルもあり、プライベート感があるのは魅力。
常時エアコン完備で暑さ寒さ対策はバッチリです!
また、WiFi完備なのもポイントですね。

近隣に民家がないこともあり、キャンプ場を貸し切った場合はこのログハウス内にギターを持ち込むなど宴会もできます。
ログハウスとひとくちで言ってもただのログハウスではありません。
1つづつ紹介していきます。

パウダールーム(化粧室)

ログハウス内になんと共用のパウダールームがあります。
定員3名でもちろん誰でも利用できます。

【化粧室設備】

・吊り下げ照明
・ドライヤー
・鏡
・真上にエアコン

キャンプでは写真うあ動画を撮ることが多くなります。
撮った写真をSNSにアップすることもあるでしょう。
そうなると女性は化粧をします。
化粧室があるとありがたいですね。

イス&テーブルセット

サイト4カ所に対して1テーブルとイスが4脚用意されています。
サイト専用のイスとテーブルですので気兼ねなく利用できます。
寒い季節にログハウスに避難してゆっくりアルコールを楽しむのもいいですね。

上で紹介したビールサーバーを楽しむも良し、持ち込んで飲むのも良しです。

キッチン

キッチンは共用です。
もちろんコンロも設置されています。

なんとビールサーバーまであるんです!
ビールサーバーはカメリア温泉キャンプ場の売りです。
画像のボトルは3ℓで1本5,500円。
2本注文で10,000円とお得です!
ビール好きなら1本は飲めますね。
ビールの種類は驚きの50本!

サーバーにボトルを挿入して注ぐようです。

予約時など事前に注文しておきましょう。

お手洗い

奥にお手洗いがあります。
手前が男性用、奥が少し広めの女性用です。
もちろんウォシュレット付です。
これも嬉しいポイントですね。

男性用お手洗い
女性用お手洗い

炊事場(キッチン)

炊事場

炊事場はログハウスと同じ屋根で繋がっています。
新品の備品ばかりですので気持ちよく利用できます。

ここの良いところは、各サイト専用の炊事場(キッチン)があること。
共用ではないんです。
さらには、包丁やまな板、食器、冷蔵庫など設備が全て無料で利用できるんです!

各サイトの炊事場

炊事場の設備はご覧の通りです。

【炊事場の設備】
・温水
・包丁3種
・まな板
・食器類
・鍋
・カセットコント
・1口キャンプバーナー
・ハンドソープ
・洗剤
・スポンジ
・冷蔵庫
・ゴミ箱

これだけ揃って無料で利用できます!
真冬で温水がでるのはありがたい!
温水はぬるいくらいの温度に設定されているので火傷の心配はありません。

キッチン上
冷蔵庫
食器類

ゴミは食器が入っているトレーの下側です。

【ゴミの分別】
・紙類・生ごみ・ビニール・食材トレーは燃えるゴミ
・ビン・缶・ペットボトルは燃えないゴミ

燃えるゴミはキャンプ場でいただける、さぬき市指定のゴミ袋に入れてトレーの中に入れます。
燃えないゴミは持参するスーパーなどの袋に入れてトレーの中に入れます。

トレーに入りきらないゴミはトレーの前に袋のまま置いておきます。

隠れて見えませんがセンサー付き照明があります。

キッチン照明

炭を入れる缶がログハウス正面にあります。
バーベキューや焚火を楽しんだ後はこの缶に捨てましょう。

炭捨て

キッチンの正面は各サイトのエリアとして自由に利用できます(画像黄色線エリア内)

キッチン前スペース


机やいすを置いてお酒を飲みながら調理もOK!

キッチン前イスとテーブル


雨天時はここを有効活用しましょう。
もちろんログハウス内も利用してください。

裏には共用の備品置き場や休憩スペースがあります。
荷物が多い場合に活用できますが、車がサイトから近い位置にあるため利用しないかもしれませんね。

備品保管場所

薪は無料で利用できます。

薪割りも体験できますよ!
私は何度も体験させてもらいました。

薪割り

朝起きて早々に焚火を楽しめる贅沢感はたまりません!

早朝焚火

現地を見て勝手に考えたオススメ撮影場所はココ!

素人目線での考えです。
映える撮影角度などは全くわかりませんのでご了承ください。

・キャンプ場入口からログハウスに向て
・サイト内に植えられている木をバックに
・サイト内にある小さな滝
・サイト内にある流れる川
・ログハウスをバックに
・ログハウスの入って左側のスペースを外側に向って
・ログハウスのパウダールーム
・ログハウスのオシャレサーバー

キャンプ場を実際に見てみるとこの良さは伝わると思います。

おまけ

実際に利用して時の画像を紹介します。

焚火とログハウス
夜のログハウスから外の景色
テントと門入ブリッジ

カメリア温泉

カメリア温泉キャンプ場のすぐ上にあるカメリア温泉
昼からテントを設営しながらお酒を飲んで、夜、車を運転することなく温泉に入れるという嬉しすぎる距離。

440円もしくは550円のコース(アクティブタイム)を4時間以上利用する場合、キャンプ場利用者は通常600円が300円で利用できるのも嬉しいですね。
券売機で支払うのではなく、受付でキャンプ場を利用していることを伝えて直接支払います。

・営業時間
平日 10:00〜21:00
土・日・祝祭日 10:00〜22:00

・休館日
木曜日※年末30日と31日は休業

体の芯まで冷え切った身体を温めてください。
ミストサウナが気持ちよくてオススメです。

フロア全体を温めている薪ストーブ。
エアコンを使わなくてもフロア全体があったかいです。

薪ストーブ

入口には薪を販売しています。

まとめ

区画が4サイトと多目的サイトの計5サイトと小さいキャンプ場。
各サイトは80㎡~100㎡程と広く、2ルームテントとタープが張れる広さ。
駐車場が目の前でオートキャンプ場と言っても良いくらい。

ログハウスには女性に嬉しいパウダールームを完備し、Wi-Fiやエアコン、そしてビールサーバーもある。
まさにハイブリッドキャンプ場です。
お手洗いは新品で女性のソロキャンプやソログルキャンプに超オススメ!
多目的サイトでプライベート空間を満喫してください!

どこを撮影しても映えるほど絵になるキャンプ場を一度利用してみてください。

香川県のキャンプ場をもっと見たい方は香川県のキャンプ場まとめ記事からご覧ください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました