【202204香川県高松市最新】Ajiura Base Camp(アジウラベースキャンプ)のサイトと設備を徹底解説!洞窟があるキャンプ場!

香川県キャンプ場

香川県高松市の海沿いにあるキャンプ場。

2021年11月よりキャンプ場開拓をスタートし、12月にプレオープン、2021年4月の段階ではプレオープン期間のアジウラベースキャンプ

設備やオプション設定などは現在模索中の最新のキャンプ場です!

ハワイをモチーフにして南国気分を満喫でき、海沿いのロケーションで、目の前から現れる朝日を浴びながらの目覚めは言葉にできない。

砂浜を歩いて行くとプチ洞窟があり、干潮のタイミングでは洞窟に向うことが出来る。

洞窟でいろんな角度から写真を撮ってSNSに投稿すると楽しいですね♪

海沿いのキャンプということで、夏には海水浴が楽しめるだけではなく、サップやシーカヤックも楽しめる。

サップやシーカヤック経験者には嬉しいレンタルもある。

サイトは計5サイトしかないこじんまりしたキャンプ場で、サイトのサイズが変更できる少し変わったキャンプ場。

最近では2ルームテントなど大型テントが主流ですよね。

場合によってはタープも張りたいです。

サイズを変更することでユーザーが快適に過ごす空間を作ります。

ユーザーを一番に考えたユーザーファーストなキャンプ場です。

チラシ

道のり

①国道11号線を高松市からさぬき市方面に向かって走ると陸橋に「道のえき源平の里むれ500m」の白い看板が見えてきます。

②ここから車で40秒程走ると交差点があります。

ここを左折しましょう。

③左折後4分20秒程ひたすらまっすぐ走ると右側にアジウラベースキャンプが見えてきます。

駐車場はサイト内にありますが、先に受付を行うためいったんは管理棟前に駐車しましょう。

駐車場

駐車場は計6台分のスペースがあります。

駐車場

一番奥はギリギリ2台、軽自動車なら余裕で2台入りますので、実質7台分になります。

アジウラベースキャンプはオートサイトです。

私

車は基本サイトに乗入れます。テントのサイズが大きく、サイト内に入らない時やグループ利用の時に活用しよう!

サイト

サイトを紹介する前に簡単にルールを説明します。

【キャンプ場ルール】

・直火NGで、焚火台利用時は焚火シートを利用する※無料貸し出し有

・基本薪の販売は無い※足りなくなれば1ケース1,000円であるかも

・ペットOK

・ゴミ持ち帰り

・炭捨て場有

私

サイトは道側に2サイト、海側に3サイトあるんだ

ルール以外の詳細も紹介するね!

・サップとカヤックのレンタあり

・焚火台レンタル(1,000円)あり

・キャンプ場周りの外灯は常に消灯

・サイトの大きさは利用状況やテントの大きさによって変更できる

・サイトの基本サイズは奥行5m×横幅8m

ここからサイトの解説をしていきます。

道側サイト

道側のサイトは2サイトあり、目の前に水場とお手洗いがある利便性が良いサイトです。

一点注意しなければならないのは地面です。

地面が固いため鍛造ペグでも10cmくらいしかペグダウンできません。

鍛造ペグを持っていない方は必ずキャンプ場に借りるようにしましょう。

地面が固く締まっているため10cmでも抜けません。

奥まで刺さりませんが問題なくペグダウンできます。

ロケーションは最高ですね!

写真だけでも伝わるこの景色!

朝日が海の向こうから登ってきます。

早起きして朝日を堪能したいですね。

サイト1

サイト1

キャンプ場入口入って正面のサイトです。

サイト2

サイト2

サイト1の隣りにあるサイト。

海側サイト

道側サイト2の奥にある坂を下った先にあるサイトです。

ここはサイト1と2より地面が柔らかいため鍛造ペグなら簡単にペグダウンできます。

付属のVペグは弱いですが、ピンペグなら普通にペグダウンできそうです。

もしペグダウンできなければ借りましょう。

サイト3

サイト3

サイト4

サイト4

サイト3と5の真ん中にあるサイトです。

サイト5

サイト5

サイト5は一番奥にあるサイトです。

海から一番近いサイトです。

夏に海水浴を満喫する家族は浜辺から一番近いためおススメです。

ただ、水場とお手洗いが一番遠いことが気になります。

サイト外灯

外灯

サイトの周りにある外灯は全て消灯しています。

ライトはサイトの区画を表すサイト番号の所にある照明だけです。

サイトによってはまだ準備できていない場所があるかもしれませんが現在準備中です。

区画照明

必ずランタンを持参しましょう。

サイトコンセント

2022年4月現在、サイト内にはコンセントがありません。

しかし、近いうちに各サイトに設置予定です。

コンセントはもちろん有料です。

現在はキャンプ場入口に15Aが一口だけあります。

サイトまでに距離があるためそのままでは利用できません。

利用したい場合は各自で延長コードを持参しましょう。

料金に関しては現状決まっていないため、問い合わせてみてください。

コンセント

サイト区画

サイトのサイズは臨機応変に変更できます。

基本サイズは横8m×奥行5mですが、2ルームテントを張るといっぱいになります。

もちろんタープを張るスペースはありません。

しかし、予約状況などによって臨機応変に対応してくれます。

サイズ変更

サイト番号表示を左右に移動することで簡単にサイズ変更ができます。

サイズ変更は全サイトでできます。

予約時に自身が設営するテントやタープの大きさを伝えると臨機応変に対応できます。

もちろん、予約状況によってはできない場合もあります。

離れサイト

キャンプ場の道挟んだ反対側の細道を登るとフリーサイトがある。

離れサイト道のり

道から細道に入り30秒程歩いた先にサイトがあります。

離れサイト道のり

キャンプ場から坂道を歩いて30秒程登ることになります。

車で登り、サイト内に駐車しましょう。フリーサイトでありながら車の乗入れができます。

下の画像のサイズであるため3~4張くらいの家族層でのグループキャンプにオススメです。

もちろんソログルも問題ありません。

離れサイト

サイト以外の敷地には一切入らないようにしましょう。

水場

蛇口が3カ所ある水場。

向って左側の1カ所は子供が手を洗いやすいように低い位置に設置されている。

水は地面に流れることになる。

残り2カ所は引き出しタイプで、ちょっとした台が収納されている。

こちらは下にバケツが設置されている。

BBQコンロや調理で利用する炊事場は管理棟の近くに設置されています。

ここでは砂浜で遊んだ後の足を洗ったり、汚れた手を洗うような利用の仕方になります。

お手洗い

お手洗い2器

仮設トイレが2器で男女兼用です。

仮設トイレと言えば和式ですが、嬉しいことに様式です。

お手洗い洋式

清掃は毎日実施しているためキレイです。

コンテナハウス&コンテナハウス前

コンテナハウス

コンテナハウスを利用する場合はコンテナハウスの前に設置されている椅子やテーブル、ハンモックも利用できる。

コンテナハウスを利用せず、コンテナハウス前のエリアだけを利用することができる。

コンテナハウス内

宿泊の場合はシュラフが必要になります。

マットは設置されているため、夏はかけ布団だけでも良さそうです。

コンセントが設置されていますので扇風機やヒーターなどを持参しましょう。

【コンテナハウス利用料金】

・11時~19時の8時間利用で30,000円

・キャンプ場にあるグリルを利用する場合はオプションで6,000円※炭6kg込み

【コンテナハウス前利用料金】

・11時~16時の6時間利用で15,000円

・キャンプ場にあるグリルを利用する場合はオプションで4,000円

グリルは奥に設置されています。

BBQグリル

BBQが終わった後の炭捨て場は管理棟と道路の間に設置されています。

テントサイトにBBQコンロを持ち込んだ方もここに炭を捨てます。

炭捨て場

持参のBBQコンロや焚火はこのレンガの上で楽しみます。

BBQ 焚火 指定場所
椅子とテーブル

奥にはドラム缶が設置されています。

まだ仕様は決まっていません。

【仕様案】

・囲いを付けてお風呂として利用する

・囲いなしで水着のまま入れるようにする

コンテナハウス横の階段を登ると景色を楽しめます。

コンテナハウス上
コンテナ上景色

炊事場

炊事場はコンテナハウスの隣りにあります。

炊事場

炊事場では料理や洗い物に活用します。

スポンジやたわし、洗剤がありますので自由に利用できます。

個人的に嬉しいポイントはホースが設備されている事。

しかもシャワーがあり、BBQに使った網が洗いやすいです。

ホース

シャワー

コンテナハウスの隣りにシャワー室があります。

利用料はまだ決まっていないようです。

キャンプ場に問い合わせてみてください。

シャワー室
かご

管理棟

キャンプ場の中心部に管理棟があります。

管理棟

入口すぐ左に受付けがあります。

受付

ハワイに関するものが販売されています。ハワイ好きにはたまりませんね!

その他にも様々販売しています。

詳しくはブログトップにあるYouTube動画でご覧ください。

超オススメスポットの洞窟

干潮になると向かうことが出来る、オススメスポットの洞窟です。

もちろん洞窟だけではなく、夏には海水浴も楽しめます。

洞窟の場所

洞窟までの道のりを紹介します。

海側のサイトの一番奥まで向かうと階段があります。

階段を降りて左に歩きます。

正面のトンネルを抜けて浜辺に出ます。

浜辺に出たら左に歩いて行きます。

トンネル

海沿いに歩いてドンドン進みます。

満潮時には海の中にある石や岩が干潮になり顔を出します。

濡れた石や岩の上を歩くようになるため、サンダルやヒールではなく滑りにくいシューズで向いましょう。

洞窟入口

これより先は記事のトップにあるYouTube動画で紹介します。

気になる方はご視聴ください!

少しの間なら小さいイスとテーブルを持って行き、コーヒーも飲めそうです。

まとめ

香川県高松市の「助けてください!」で有名な「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地にもなった庵治町にあるキャンプ場。2021年12月にプレオープンした新しいキャンプ場です。一番の売りは絶景ロケーション。朝日が目の前で登っているのをゆっくり眺める一時は言葉にできない。そしてもう一つは浜辺にある洞窟。干潮のタイミングで洞窟に向うことが出来る。

キャンプ場を利用する際は必ず向かい、写真に収めてください。

香川県のキャンプ場をもっと見たい方は香川県のキャンプ場まとめ記事からご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました