香川県キャンプ場

【2022年6月最新香川県小豆郡】シマアソビ(小部キャンプ場)のサイトと設備を徹底解説!ヤシの木はまるでハワイにいるかのような気分にさせる!夕陽がキレイなキャンプ場

小部キャンプ場という名前から若い男性2名が経営することでシマアソビとしてスタートしたキャンプ場。サップ経験者で海遊びっも楽しめる。ヤシの木はまるでハワイにいるかのよう。焚火をしながら夕陽が沈むのを眺めると気持ちいいですね!
香川県キャンプ場

【2022年7月最新香川県小豆郡】TBTランドステージⅡ当浜(小豆島)のサイトと設備を徹底解説!2021年4月オープンした無人島気分が味わえるキャンプ場!

2021年4月にオープンした新しいキャンプ場。サイトから海を見下ろせて瀬戸内海が一望でき、朝陽と夕陽が楽しめる贅沢なキャンプ場。1時間単位でバギーを体験でき浜辺を走り抜ける!バギーはなんと8輪!めったに体験できないバギーをぜひ体験しよう!
香川県キャンプ場

【202207最新香川県東かがわ市】引田ベースキャンプのサイトと設備を徹底解説!5月22日にプレオープン!夕陽や朝陽、釣り、ボート。遊びどころ満載なキャンプ場!

引田ベースキャンプの売りは何といっても海!海が目の前というロケーションで釣りが楽しめる。2馬力エンジンを積んだボートを使用して沖で釣りを楽しむことができる釣り好きには病みつきになるキャンプ場です。週末になると打ち上げ花火が見られるかも!キャンプ以外にも楽しさいっぱいのキャンプ場です。
香川県キャンプ場

【202204香川県高松市最新】Ajiura Base Camp(アジウラベースキャンプ)のサイトと設備を徹底解説!洞窟があるキャンプ場!

香川県高松市の「助けてください!」で有名な「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地にもなった庵治町にあるキャンプ場。2021年12月にプレオープンした新しいキャンプ場です。一番の売りは絶景ロケーション。朝日が目の前で登っているのをゆっくり眺める一時は言葉にできない。そしてもう一つは浜辺にある洞窟。干潮のタイミングで洞窟に向うことが出来る。
香川県キャンプ場

【202203最新香川県高松市】大滝山県民いこいの森(キャンプ場)のサイトと設備を徹底解説!2つのキャンプ場がある!

香川県高松市の温泉街で有名な塩江町にあるキャンプ場。第一キャンプ場と第二キャンプ場に分かれており、雰囲気が異なる。夏には川遊びを楽しむ事ができるキャンプ場で家族にオススメです。第二キャンプ場には香川では珍しいデッキサイトがあるのも魅力です。
香川県キャンプ場

【202203最新香川県高松市】奥の湯公園キャンプ場のサイトと設備を徹底解説!石の滑り台で川へダイブ!

香川県高松市塩江町という温泉街の近くにあるキャンプ場。10サイトと少ないこじんまりとしたキャンプ場で家族での利用にオススメ。サイトは状況によっては車の乗り入れができる。キャンプ場内には川が流れていて、石でできた滑り台から川へ飛び込むことができる。子供が喜ぶこと間違いなし!ぜひ一度体験してみてください!
香川県キャンプ場

【2022年3月最新香川県東かがわ市】2021年秋オープンの小砂(こざれ)キャンプ場のサイトと設備を徹底解説!山で本気の野営が楽しめる珍しいキャンプ場

計5つ程のテントが設営できる小さいキャンプ場。小砂キャンプ場は国道11号線から40秒程入った場所にあるため誰でも簡単にアクセスできるのは嬉しいポイント。直火がOKということで上級者にはたまらない。キャンプ場とは別に山があり、山でも野営が楽しめる。キャンプ上級者はチャレンジしてほしいキャンプ場です。
香川県キャンプ場

【202203最新香川県高松市】竜王山キャンプ場のサイトと設備を徹底解説!

香川県高松市塩江町の竜王山山腹600mあたりにある、かなり山奥のキャンプ場。道は険しくナビは途中で終了するため道に迷うこともある。ポイントは車の乗入れができて、直火が楽しめること。キャンプ上級者にはチャレンジしてもらいたいキャンプ場です。
香川県キャンプ場

【2022年3月最新香川県仲多度郡】2021年12月28日グランドオープンしたMUKU-MO BASE CAMPS(ムクモベースキャンプス)のサイトと設備を徹底解説!1日1組限定の貸し切りキャンプ場

1日1組限定のキャンプ場。キャンプ場手前にはオブジェのバッファローがお出迎えしてくれるオシャレなキャンプ場。サイトは広く家族用の2ルームテントならかるく3張りはできる。3隅にテントを張って中央でタープをはるなどのレイアウトが良さそうに感じた。家族やグループにおススメしたいキャンプ場です。
香川県キャンプ場

【202203最新香川県三豊市】荘内半島オートキャンプ場浦島のサイトと設備を徹底解説!海と島々を一望できる景色最高のキャンプ場!

海と島々が一望できる絶景ポイントのキャンプ場。人気サイトは海側サイト。テントのリビングからイスやハンモックに横になりながら海を眺めるなど、ゆっくりした時間を過ごすのに最適。サイトの面積が広いため2ルームテントが余裕で設営できるのも嬉しいポイント。夏には海水浴を楽しみながらキャンプを楽しめる。
タイトルとURLをコピーしました